リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

2018 紅葉とシマリス1

f0234423_09340401.jpg
ここのところ、気分が滅入ることばかりだったので、3連休はナキウサギを撮りに、いつもの場所へ。
8月末に近辺でヒグマが出たらしく、うっかり鈴も持ってこなかった自分は緊張しながら撮影場所まで歩く。






ナキウサギの鳴き声はあちこちから聞こえてくるのだが、到着後早々に始まったのがシマリスのお出まし。

カメラマンもナキウサギ目当てらしく、いつもの場所に大型三脚を据えて待っている人が多かったのだが、そことは違う場所にシマリスが頻繁に出てくる。
どうやら、木の実を貯食するために活動しているらしい。

f0234423_09373432.jpg
このとおり、最初はアングルが悪くてどこにシマリスがいるのかわからないほど。
こんな状況だと、残念ながらAFはほぼ使えない。

f0234423_09373497.jpg
最初はAFで何度も狙ってみたが、手前の遮蔽物に引っ張られることが多いので、MFに切り替える。
オリンパスのPROレンズは、フォーカスリングを引くだけでMFに変わるのはとても便利。
EVFは、拡大表示しない方がMFしやすい。ピーキングが効いて、画面全体を見通しつつMFでスパッとピントが合う。

残念なのは、AFからMFに切り替えたとき、AF時のピント位置を記憶してくれないこと。下手に距離目盛りをつけてしまったためにやらなかったのだと思うが、望遠レンズの場合は距離目盛りよりAF→MF時にピント位置を記憶してほしかった。この点、EOS7DMKIIは便利だった。

f0234423_09373377.jpg
時々、食べ物を口の中で整理するのか、立ち止まっていることも。

f0234423_09373358.jpg
背中越しだけど、頬が膨らんでいるように見える。

f0234423_09373365.jpg
シマリスは軽いとはいえ、こんな不安定なところに登るってなかなかたいへんそう。
時々落ちたりしていた(笑)

f0234423_09373313.jpg
それでも、器用に小さな実を口に次々と頬張っていた。
距離が近い。10mないかも。

f0234423_09373266.jpg
こういう岩をバックに撮ると、野生っぽくていいね。

f0234423_09373230.jpg
オリンパスの300mm PRO、近距離での解像力は半端ないと思う。
上記の写真は、一番最初の写真の等倍クロップ。
これでもRAW現像時に明瞭度を-8ぐらいにしている。
オリンパスはちょっと解像度優先過ぎる気がするのがちょっと気になる。

それでも、E-P5の頃と比べると画質はかなり向上したと思う。
E-M1MKII、AFがもう少し使いやすいといいんだけど。

シマリスの写真、次回も続く。



[PR]
トラックバックURL : https://koppel.exblog.jp/tb/30092511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by koppel055 | 2018-10-08 10:00 | その他動物 | Trackback | Comments(0)