リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

9月9日、マスコミの震災報道に思うこと

北海道胆振東部地震の発生から丸3日が経った。
停電が復旧してから、札幌でテレビやネットの情報を見ていた。

自分なりに感じたこと、考えたことをまとめてみた。






思ったのは、「生活に必要な情報を最優先で流してほしい」ということ。
とにかく、テレビは生き埋め現場の捜索状況をえんえんと生中継するとか、被災者への同じインタビューが何度も放送されるなど、見ている方からすると「なんだよ」と
言いたくなる内容。

また、7日ぐらいまでは、空気を読めないスポンサーのCMもいらだたせた。たとえば、食パンメーカーのCM。現時点でほとんど手に入らないのに、なんで暢気にCMなどしているのか。クレームがあったのだろうか、昨日あたりから見なくなった。代わりに、ACジャパンのCMが3分の2ぐらい占めるようになった。

7日あたりが捜索状況の生中継が一番多かったのではないか。
正直、うんざりした。おまけに、17歳の子供に生き埋めになった妹や親のことを聞くなど、見ていて耐えられない放送が多かった。マスコミは、「奇跡的な救出」という絵を狙って撮り続けているのだろうが、あまりにもあざとい。

7日、8日あたりは北海道ローカルで特番を組んで、生活情報などを流す局もあったが、結局「コープさっぽろ」「アークス」など、スーパーのチェーン単位の情報だけで、個々の店の状況はわからない。それに、牛丼屋や100均など、全国チェーンの情報は全く放映されない。スーパーに惣菜ものや生鮮品が不足しているなら、牛丼屋などに行きたい人も多かったと思うが。私も牛丼屋に行ったらみな閉店していてびっくりした。停電でチルド牛肉が全部ダメになったのだろうか。

今のテレビ局は、生活に必要な情報は右から左にただ流すだけで、まとめる能力がない。
悲惨な現場のレポートは詳細にやるくせに、多くの被災者が必要としている情報はただ流すだけでまとめないので、役に立たない。

今もstvが特別ニュースを放送しているが、被災者に提供する食事の準備で必死な厚真町の人に無理矢理インタビューしていて腹が立った。
そんな話を聞いて、何の役に立つのか?その前も、また厚真町の土砂崩れ現場からのレポートをずっとやっていた。いつまでやっているのかな、と思う。

また、在京マスコミはネットで美談を流したがる。
たとえば、セイコーマートは前から「顧客満足度NO1」と在京マスコミに持ち上げられているが、今回もその流れの報道が多かった。

ヤフーニュースで見ても、








おそらく、セイコーマートがこのような対応ができたのは6日だけじゃないだろうか。
白石区にある商品倉庫がぐちゃぐちゃになっており、各店の商品補充に障害が出そうだからだ。

私の住んでいる近辺のセイコーマート、3店ぐらい行ったけど、どこも品物はほとんどなかった。
もちろんホットシェフは営業休止。
ガソリンスタンドのそばにあったセイコーマートは、午前11時に閉店していた。
コンビニはどこも同じようなもので、ローソンやファミリーマートも品物がなくて閉店中だったり。

なので、ヤフーニュースの報道には違和感しかない。「そんなの一部だろ」って思う。
一方で、6日の朝、家の近くのセブンイレブンは、地震で店内の瓶類が割れて液体が一部散乱している中、買い物客の求めに応じて品物を販売していた。非常用電源でPOSも作動していたが、「あと2時間しか持たない」と店員が言っていた。

生活者にとって知りたい情報。
それは、
食料、水、電池、カセットコンロやカセットガス、衛生用品などの入手状況だが、これもライフラインの復旧状況によって必要度が変わる。

停電が復旧し、断水していなければ、札幌はガスはもともと止まっていないので、カセットコンロや水は、大規模余震に備えるという意味では必要だが、緊急は要しない。しかし、食料はほしい。
特に、牛乳や惣菜などがほしいのだが、これらがどこで手に入るのかの情報が全くない。

そして、先に書いた牛丼屋や弁当屋などのチェーン店の開店状況がわかればいいが、結局自分でネットで調べるしかない。

個人の定食屋などは調べようがないので自分で回るしかないが、私が昨日見た限りでは半分ぐらいは閉まっていた。ふだんは閑古鳥が鳴いている定食屋も、開いているだけで行列が外にできていたりとか、いつもと違う光景だった。


とはいえ、電気がほぼ全道で復旧し、JR貨物も9日未明からようやく運転再開なので、10日からは物資は入ってくると思う。


さて、私の地震への備えといえば、
LEDランタン 2個
LEDヘッドランプ 1個
エネループ 16本
モバイルバッテリー 2個
2分でご飯 3個
缶詰 5個
寝袋、マットなど
ぐらいのものだった。

やはり、お菓子は少し常備していた方がいいし、カセットコンロか登山用のガスコンロは持っていた方がいいなと思う。
また、折りたたみ式の水の入れ物もあった方がいいな。ビニール袋を2重3重にすれば代用できると言うけど、専用品があった方がいい。
あと、ヘルメットとソーラー充電器もほしい。




[PR]
トラックバックURL : https://koppel.exblog.jp/tb/30038415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame3z at 2018-09-09 19:38
ご無事だったようで安心しました。
今回の地震、停電が長引き、
食料の調達等で苦労されたのでは ?

一時、私やカミさんの親戚・兄弟の無事が確認できず、
かなり焦りました。
震源地にかなり近い所に住まわれている方もいるのです。

災害に対する備えは、私も真剣に対応しようと思います。
この前の台風で、車で15分ほど離れた地域は、
三日間ほど停電が続き、難儀したそうです。
停電対策は重要ですね !

マスコミに関しては、私も同じ意見です。
本当に必要な情報を流して欲しいですね !
Commented by koppel055 at 2018-09-09 21:21
ありがとうございます。
私の住んでいるマンションは、比較的大きな病院に近かったせいか、停電は13時間ほどで済みました。
念のため、冷蔵庫に入っていた封を開けた1Lのパック牛乳を毒味しましたが、腐っている感じではなかったので助かりました。

震源地に近いところに住んでいるご親族の方がいらしたんですか?それは心配でしたね。札幌であの揺れでしたから、震源地に近かったら、もっと怖かったと思います。

食材は、まだ十分ではありません。お菓子や調味料はいつも通りありますが、缶詰、カップラーメン、お米、パン、牛乳はほとんどありません。特に牛乳とパンは全く見かけません。

実は買った土地の様子をまだ見に行ってないのですが、何せ8mほどとはいえ崖地なので、ちょっと心配です。地質的には液状化の可能性がほとんどないことは調べているのですが。
by koppel055 | 2018-09-09 13:00 | その他 | Trackback | Comments(2)