人気ブログランキング |

リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

9月8日、札幌市内の現状:食糧事情の回復は週明け?

会社は今日も休みだが、仕事を兼ねて札幌市内の地盤液状化の現場へ行ってきた。

f0234423_21433008.jpg
不思議な現場である。ほんとに一部だけ道路が陥没していた。







f0234423_21433053.jpg
遠くから撮ることになると思って、14-140mmを持って行ったのが正解。
1.5mぐらい地盤が落ち込んでいる。
カスケードガレージも形が変形している。
震源地から40kmも離れているのに、この被害は何だろう?
すさまじいとしか言い様がない。

f0234423_21433099.jpg
泥の厚さも実際に見てきたが、25cmはあった。

ここは公式には震度5強ということなので、私が住んでいる区と同じ。
ほんとに恐ろしい。

テレビ局のクルーも数名来ていた。

さて、その後は、また生活に必要な物資の買い出し。
空港は再開したし、停電もほぼ解消。
そろそろお店も品揃えが良くなるのでは・・・

その前にガソリンスタンドで給油。
何十分も待つことを覚悟したが、意外にも2分で給油できた。
給油量に制限もない。ただ、その後500mほど進んだ後に100m以上の
行列ができているスタンドを発見。よく見ると、私が入れたところより
6円/Lも安い。どおりですんなり給油できたわけだ。

ホームセンターに行って、電池と水タンクを探しに行くが・・・
水タンクは入荷未定とのこと。電池は、単3×14本とそんなにいらないんだけど、
とりあえず買いました。900円台だったので、パナ製としては安い方だろう。

そして、昨日も行ったコープへ。
f0234423_21432921.jpg
デリカテッセンコーナーから、いい匂いと人の気配が。
よく見ると、塩おにぎり。まずは簡単なものから作るらしい。
買おうかと思ったが、夕方に行けばもっと種類が増えるのではないかと
勝手に期待して買わずに帰った。
あと、納豆を地震後初めて見た。ただし1種類だけ。
2分でご飯やインスタントラーメンは相変わらずなかったが、お米は5kgものが少しあった。

ドラッグストアにも寄った。チルド食品や冷凍食品は相変わらず空っぽ。
ただ、早朝出かける時に朝食代わりにするアサヒのクリームブランがやっと買えた。
UCCのボトルコーヒーも買った。
しかし、牛乳はどこにも見かけない。

コンビニも寄ってみたが、昨日と状態はほぼ変わらず。一部のコンビニで、コロッケが
あったけど、それぐらいかな。

昼はそば屋で食べて夕方、夕食を探しに再び出てみた。
・・・すると、こんな感じ。
f0234423_21433159.jpg
f0234423_21433059.jpg
f0234423_21433129.jpg
これ以外にも、コンビニ2店回ったけど、閉店済み。夜6時の段階でね。

やっぱり、まだまだ回復には遠いなあ。

ちなみに、居酒屋はほとんど開いている。定食屋、ラーメン屋、そば屋あたりは半分ぐらいかな。
弁当屋は、地元のお店は開いているけど、上記のようにチェーン店はダメ。
牛丼屋も、たとえば松屋は全滅。吉野家もダメらしい。すき家はHPを見ても一部の店が休業としか
なく、詳細がわからない。

100均も、ダイソーは開いてる店とそうでない店があった。
開いていた店でも、電池類は全然なかったし、パン類もなかった。

結局、自分で実際に店に行ってみないと、店が再開しているのか、再開していてもどれくらい品揃え
があるのかはわからない。おかげで、すごく時間と手間を浪費する。

8日は、明らかにテレビの雰囲気が変わって、通常番組に近い雰囲気になった。
ただし、スーパーの開店状況など、ようやくほしかった情報が放送されるように。
でも、札幌市民の生活はさほど変わっていない。

少ないながら、野菜や魚、肉が入荷するようになったので、良くはなっているのだけど、相変わらず
惣菜や弁当などは不足している。冷凍食品はどこにも売っていない。入荷していないということか。

水などはさほど不足なく買えるようになった。1家族2L×6本までとか、制限はついていたが。

さて、明日はどこまで回復するのか。
また、お店巡りです。

by koppel055 | 2018-09-08 23:00 | 日々のこと | Comments(0)