リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

次々と人が亡くなっていく

去年の暮れ、親戚の叔母さんが亡くなった。私は北海道に住んでいる関係で葬式には出られなかったが、
どんよりとした重い気持ちになった。そしてほどなく、叔父の義父が亡くなった。

年が明けたら、長年の取引先である会社の社長さんがガンで亡くなった。まだ54歳だった。大きな会社
じゃないけれど、業界ではちょっと知られた存在。人望もあって精力的に活動していた。昨年夏に異変
を感じて即日入院。そこでがんとわかったらしいが、既に手遅れだったようだ。

一度退院して元気とは言えない姿を見せていたが、1ヶ月ほどで再入院。帰らぬ人となった。
その会社は、跡継ぎもいないらしく、廃業するようだ。50年続いてきた会社なんだけど。


そして、私が入社すぐから広告などでお世話になっていた取引先の元社員が末期がんの宣告を受けたと
本人から電話があった。電話の声が弱々しく、声も変わっていたので最初本人とわからなかったのだが、
酸素吸入しながらしゃべっているのだという。最後の力を振り絞って、訴えたいことを話していた。
66歳だが、それまで退職後も会社を一人で立ち上げて仕事していた。余命半年だそうだ。

さすがに、こんなに続くと気が滅入ってくる。
でも、自分自身に出来ることと言えば、いつ死んでもいいように精一杯生きるしかない。
寿命は天命だから。

[PR]
トラックバックURL : https://koppel.exblog.jp/tb/21419927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by koppel055 | 2014-02-13 23:00 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)