リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

高感度に強いカメラが羨ましい

リス撮影をしていると、気になるのが撮影場所の暗さ。

特に朝方だとISO1600でf5.6設定でもシャッターが1/40sとか1/60sとか
かなり辛い状況になる。じゃ明るいレンズにすればいいか、と言えば400mm
レンズでf5.6をf2.8にするにはとてつもない差額を投入しないといけない。

コスト対効果で言えば、高感度に強いフルサイズ機を導入した方がいい。
7Dの場合、ISO1600までは私的には許容範囲だけど、それ以上は苦しい。

今月号の雑誌買って5Dmk3の高感度画質を見たけれど、ISO6400までは
許容範囲のような気がした。リス撮影だとフルサイズなら500mmあればなん
とかいけるのだが、手頃なレンズで500mmってないので困る。ここで結局壁に
ぶつかる。

ズームの画質はシグマの120-400でちょっと懲りたので単焦点がいいけれど、
手頃な価格で手ぶれ補正がついているのは私が今使っているサンヨンのISぐらい。
2倍テレコンだとAFが不自由になるし、サンヨンISでは5Dmk3に組み合わせても
イマイチだ。

7Dでは、軽くて振り回せるサンヨンISはリス撮りには欠かせない。
APS-CでISO3200が常用できればいいのだが、7Dの後継機は出るのだろうか?

どっちにしても、シグマ120-400はヤフオクに売りに出して何か違うレンズでも・・・
と考えている。でも、売却して5万円程度なので、違うレンズといってもあまり選択肢
はなさそうだ。最近は何撮るにもE-P3なので、7Dの出番が極端に減っている。

いろいろ考えてもいい案が浮かばないので、当面は7D+サンヨンISの組み合わせ
は固定されそうだ。
トラックバックURL : https://koppel.exblog.jp/tb/17335922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by iidacamera at 2012-03-22 09:17
7Dの後継機かどうかは分かりませんが、APS-Cで性能の良いカメラっていうラインは、
ぜひ維持して欲しいですね。
僕も7DはRAWなら高感度そこそこいけるとは思ってますが、新しいセンサーなら、
さらに高感度耐性は良くなっていると思いますし、いっそセンサー載せ変えただけのものでもいいんですけど・・・・。

今後のキヤノンの展開、いろいろ気を揉んでしまいますね。
Commented by koppel055 at 2012-03-22 21:43
7D使う前は40D使っていたので、確かに高感度耐性が良くなったことは実感できました。
特にM-RAWだと40Dと同じ1000万画素になるのでその差がわかりやすかったですね。

私がリス撮り始めた2003年頃は、リス撮っている人はかなり少なかったですよ。
それは、フィルムカメラでは高感度は画質ダメだし、フルサイズじゃレンズ選びも大変だし
で撮りづらかった被写体だからです。

2003年は10Dが発売された年ですが、10DだとISO400が限界でしたね。それが40D
でISO800が使えるようになって7Dで1600もOKになって・・・という感じです。

ただ、自分が気に入っている写真はほとんどが2004年頃のもの。カメラが進歩しても
腕は進歩しないということですね(笑)
by koppel055 | 2012-03-22 00:15 | その他 | Trackback | Comments(2)