リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

函館出張

f0234423_21353519.jpg

通称・赤松街道。こんなところが北海道にあったとは


先週後半は仕事で函館出張。

実は、函館の街は十数年ぶりだ。
しかも、十数年前も谷地頭温泉に行ったりおいしい塩ラーメンを食べたぐらいしか記憶がない。

車で走ると、函館はかなり広かった。
そして、道路がどこも混んでる・・・

今回は、発見の連続というか、函館の魅力を今頃知った感じがした。






f0234423_21383367.jpg

住宅街の一角にこんなすてきな道が


街並みを見ると、北海道と本州の中間という感じ。比較的道幅が狭いところが多く、家々は
門扉や塀を備えたところが意外に多い。

本州っぽく思えるのは道路の付き方にも関係がありそう。なんて言うか、街道筋のような片側1車線
の道路が何本かあった。

さらに住宅街で車を止めて発進させようとしたときのこと。子供達がいきなり自転車で飛び出してきたのだ。
危ないと言えば危ないのだけれど、札幌ではまず見られない。なぜなら、札幌では車が歩行者や自転車
よりも優先されているからだ。たとえば、交差点で車が曲がろうとすると、老人達は車に道を譲るのが普通。
すごいのは、私が一時停止して「お先に」と手を振ってニコニコ合図しても譲り続けるのだ。それぐらい
札幌では車が我がモノ顔で走り回っているという証拠だろう。

そういえば、函館では公園にきちんとした柵があるのも驚いた。

出張仕事が終わった金曜日、自腹で函館に泊まって翌日、香雪園に行ってみた。

f0234423_21384486.jpg

個人の別荘だったという香雪園

ここにも赤松などが多く、不思議な空間に迷い込んだ気がした。

f0234423_21385828.jpg

旧管理人の家らしい

入り口を進んでしばらくすると、右手に旧管理人の家らしき建物がある。寒冷地のはずなのに
結構窓が大きいのに驚いた。

f0234423_2139381.jpg

クルミ、松ぼっくり、どちらもエゾリスの好物

もともとここはエゾリスがいる庭園としても知られており、私も会えたらと思っていたが、朝の間は
仕事の続きをホテルでしていたので出発が遅くなり、活動時間帯ではなかったようだ。

でも、エゾリスの好物はこうしていっぱいあった。クルミの食痕もあちこち落ちていた。

f0234423_21391969.jpg

さらに進むとこんな光景が

なんだかホッとするような光景。これがこの庭園の持ち主が別荘として建てた建物らしい。
数年前に建築当初の姿に復元されたようだ。

f0234423_21392780.jpg

”書院風”の造り

茅葺きの建物なんて久しぶりに見たなあ。

f0234423_21393094.jpg

90年前の手作り硝子などが使われている

こんな贅沢な別荘を持っていたとは、相当な人だったんだろうと思う。

f0234423_21393324.jpg

90年前の手作り硝子などが使われている

欄間の細工などがなかなか凝っていた。

グーグルで調べたら、自宅から函館までは中山峠経由で250km。あれ、そんなに近かったっけ。
今度は純粋に旅行で訪れたい。
[PR]
トラックバックURL : https://koppel.exblog.jp/tb/16487707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by koppel055 | 2011-08-30 22:07 | 風景 | Trackback | Comments(0)