リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

公共心の欠如という問題

自分も年取った証拠だな~と思いつつ、公共心の欠如した人が多すぎないか?と怒りたくなる。

今日は札幌の地下鉄。
駅によって出口は進行方向の右側だったり左側だったり当然変わる。
私は降車駅に止まる少し前に席を立って出口へ。

すると、出入り口扉にもたれてひたすらニンテンドーDSをやっている中年女がいた。
果たしてこの女は降りるのかどうかと、ホームに着いて扉が開いた瞬間・・・

立ってうつむいたままDSをやり続けていた(笑)
わざと少し押してみたが、私より体格がしっかりしているせいかビクともしない(爆)
女の体は大きいので出入り口の半分はふさがっている状態。

仕方なく脇から出たのだが、こういう人種が札幌には必ずいる。
しかも年輩の人でもそういう人種がいるのだから呆れてモノが言えない。
ラッシュ時に出入り口に突っ立ってる女のせいで地下鉄に乗れなかったことがある。
こちらが乗ろうとしているのに横に寄ろうともしなかったのだ。私は押し返されて乗れなかった。
もちろんぎゅうぎゅう詰めのような混み方ではなかった。

あるいは、ふざけてる中学生だか高校生がわざと自分が降りるのを通せんぼしたので、
頭に来て突き飛ばしたことがこの10年で2回ある。

私には理解できない。日本がこの十数年で変わって全国の大都市はどこに行ってもこんな状態なのか。
それとも札幌特有の問題なのか。

でも、札幌の人を見ているとあまりに自分勝手な人種が多いような気がしてならない。

実は、地下鉄の駅を出て道路からマンションのエントランスに入ろうとしたら、ワゴン車がマンションの
入り口をふさぐように駐車していた。50cmほどしかないすき間を体を斜めにしてエントランスに入った
のだが、その車を止めたのがなんと60代前後と思われる白髪の夫婦だったのだ。

確かに荷物を抱えて大変そうだった。
でも、マンションの入り口をふさぐ駐車方法ってどういうこと?
短時間ならいいんだろうかね。勘違いって悲しい。

人生の大先輩である年代の人たちがこれでは、しょうがないわな、と呆れた。

そういえば、マンションの来客用駐車場を週5日ぐらい自分の駐車場用に占有している車があるので、
これまた60代後半ぐらいと思われる管理人に言ったら、「先着順ですから」とだけ言われ閉口したこ
とがある。それ以来、管理人とは口をきかなくなった(苦笑)

東日本大震災で、東北の人たちは助け合って生き延びてきたけれど、札幌で同じような大地震が起
きたら、醜いことが各地で起きるんじゃないだろうか。とにかく人が信じられない。
[PR]
トラックバックURL : https://koppel.exblog.jp/tb/16487452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by koppel055 | 2011-08-30 21:28 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)