リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

IXY30S持って洞爺湖温泉へ

毎年、この時期はなんかテンションが低い。
気分転換に・・・と洞爺湖温泉に行くことにした。
昨年も2月に行っている。

昨年は大和旅館だったが、今回は北海ホテルで予約を取った。

そして、カメラはCanonのIXY30S。
ついでに新しいコンデジまで買ってしまった。

f0234423_23445354.jpg





f0234423_23461627.jpg

宿は、湖側の部屋で、洞爺湖と羊蹄山らしき山が一望できる。
部屋の作りは古びているが、8畳+2畳で一人で泊まって7350円は安い。
ちなみにテレビは32インチの地デジ液晶テレビ。

f0234423_23465132.jpg

早く宿に着きすぎたので、温泉街を散歩した。
湖畔の散歩道を歩くと、なんか雰囲気があって良い。
北海ホテルは温泉街の外れなので、温泉街の端まで歩くと1.5km以上ある。

しかし、温泉街は寂れていた。
まず、北海ホテルのそばにあったセイコーマートが空き店舗に。
ホテルも昨年2軒破産している。
シャッターが閉まったままの土産物屋も多い。

宿に戻って温泉にじっくりつかり、夕食。

f0234423_2347452.jpg


写真には載ってないが、天ぷらとアサリのすまし汁が追加されている。
とにかく量が多い。
おもしろいのは酢の物が2品あったこと。

中央の焼き魚は、ヒメマスの塩焼き。このホテルが洞爺湖での漁業権を持っていて
採っているらしい。残念なことに、焼いて時間が経っているらしく身が固くなっていた。
ちなみに、夕食の時間は選べなかった。「6時には準備ができていますので8時半まで
にいらしてください」とだけ言われた。今どき夕食の時間を選べないホテルも珍しい。
厨房の人がきっと他の仕事も兼用しているのだろうけど、冷たい焼き魚はやはり寂しい。

ま、ホテルはほかにも残念なことがあったけど、値段が値段なので合格点だろうか。
翌朝もボリュームたっぷりの朝食だった。朝から筋子が出てきたのもうれしい。

帰路は、往路の中山峠経由ではなく、伊達、室蘭から高速を通るルートにした。

伊達は「北の湘南」と道内では呼ばれているが、最初ピンとこなかった。
町中を見てもその印象はないのだが、国道から外れて海沿いの道道を通るとよくわかる。

キラキラと陽光を反射した海面にきれいな青空。
JRの小さな無人駅もすごく良かった。
雪がなければ夏かと思うような景色だった。

f0234423_23474457.jpg

f0234423_23474746.jpg

f0234423_23475130.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://koppel.exblog.jp/tb/15502428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-07-13 12:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by koppel055 | 2011-02-14 00:05 | 旅行 | Trackback | Comments(1)