リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

タグ:40-150mm ( 13 ) タグの人気記事

小樽の写真の続きです。
f0234423_23292518.jpg


1枚目の写真以外は、アートフィルターの「ドラマチックトーン」で統一しました。

f0234423_23292588.jpg


More
[PR]
by koppel055 | 2016-05-18 23:41 | お散歩 | Trackback | Comments(0)
5月14日、オリンパス主催のフォトラリーがあった。
写真家のむらいさちさん、きょんさん(川野恭子さん)の2人が講師。この2人はコラボで
写真集を3冊出しており、今回Vol3の発刊記念も兼ねているらしい。

参加者は20数名ぐらい。2人とも淡い色彩でふわっとしたかわいらしい「ゆるかわ」写真が得意。
さぞかし女性の参加者が多いと思いきや、男性も4分の1ぐらいいた。ホッとした。

さて、最初はオリエンテーションとして写真家の自己紹介と小樽のロケハンで撮ってきたという
写真を数十枚見せながら、何を考えて撮っているのかなどをしゃべった。
「あえてRAWはほとんど使わない。カメラのセッティングも煮詰めて自分好みの色が出るように調整している」
など、さすがだな~と思いながら効いていた。
 
ただ、オリンパスのPEN-Fの宣伝も兼ねているため、「このカメラだからこの色が出せる」など、
ちょっと宣伝っぽいトークも(苦笑)。ま、写真集込みで4000円という参加費なので文句は言えまい。

f0234423_04736100.jpg

さっそく小樽市内に出発。カメラ初心者も結構いて、標準ズーム付のPEN-Fをレンタルしている
人も何名もいた。そういう人たちは、レンズ交換しないのでカジュアルなリュックで参加。

More
[PR]
by koppel055 | 2016-05-17 08:00 | お散歩 | Trackback | Comments(0)
f0234423_22074107.jpg
津波で浸水が予想される場所は「津波浸水区間」と表示される

気仙沼から陸前高田までは車で20分ぐらいの道のり。
相変わらず天気は快晴。

前日は陸前高田は日没後に通ったので、景色もよくわからなかった。
今回は昼過ぎに到着。




More
[PR]
by koppel055 | 2013-12-16 19:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
f0234423_12172895.jpg
復幸マルシェにて

鹿折地区は、JR線から東側はほとんどが更地といっていいぐらい建物がなくなっていた。
f0234423_1219245.jpg


More
[PR]
by koppel055 | 2013-12-16 06:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
f0234423_9443329.jpg


巨釜で予想外に時間をとられ、気がつくと朝9時前になっていた。
慌てて唐桑半島のビジターセンターへ。

唐桑半島ビジターセンターのホームページ

津波体験館は、三陸海岸に特に関係の深い「津波」を テーマに、
実際に即してストーリー化し、映像・音響・振動・送風等の 強力
メカを組合わせた、全国初の津波の疑似体験館です。


とある。

ところが、この日に限って開店休業状態。というのも、この建物の前でイベントがあり、
地元で獲れた海産物を炭火焼きなどにして無料で提供するらしい。

「10時からやるからもうちょっと待っててね」と声をかけられたのだが、このハイな雰囲気
で「津波体験館で津波体験したいのですが」とは言いにくい。地元のオジサン、おじいさん
あたりが集まって皆でイベントの準備をワイワイやってるからだ。
しかも観光客は私1人。

館内に東日本大震災の被害状況の展示があったのでそれだけ見てそそくさと退散した。
何せこの日は気仙沼市街を見て、それから300km離れた八戸に夜7時までに戻らなけ
ればならない。残念ながら時間的余裕がない。

唐桑半島を後にして気仙沼市街へ向かう。

More
[PR]
by koppel055 | 2013-12-15 14:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

三陸の旅 その5

f0234423_211773.jpg
宿の洗面所の窓から

目覚めると、この日も天気が良かった。
洗面所から磨りガラス越しに鮮やかな色彩が何かの模様のように見える。

f0234423_21171130.jpg


この階段。なんか贅沢な材料の使い方だ。この地方には「気仙大工」という職人
集団が昔からいて、家を建てていたらしい。

More
[PR]
by koppel055 | 2013-12-14 21:38 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

三陸の旅 その4

f0234423_0213481.jpg


県道を引き続き進んでいく。山の中の道は、北海道と変わらない雰囲気。

視界が開けて海が見えてきた。
鵜の巣断崖に向かう途中、カルボナード島越駅の跡を見た。
この区間の三陸鉄道は今も運休中。
津波で駅舎ごと流されてしまったのだ。

在りし日の駅舎は、たとえばこんな感じ。※人様のブログにリンクさせていただいてます。
http://blog.goo.ne.jp/gozain_2/e/3e851c165576d69eae6f375b02b8914a

ここは海のそば。ひとたまりもなかったのだろう。ただ、この階段が残ったようだ。
来春復旧を目指して、工事が進んでいた。

More
[PR]
by koppel055 | 2013-12-11 19:00 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

三陸の旅 その3

f0234423_2146951.jpg

苫小牧-大洗間のフェリーが沖を行く

種差海岸から国道を南下して久慈を通り、野田村で一休み。
ただ、天気雨で寒くなってきた。名物の塩ソフトも食べる気になれず。

このあたりから震災の爪痕を感じることが増えてくる。

More
[PR]
by koppel055 | 2013-12-10 19:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

E-P5持ってサロベツへ

先週の日曜日は、ふと思い立ってサロベツまで。

f0234423_22242622.jpg

ノビちゃんメス E-P5 プロミナー500mm f5.6

今回は初めてマイクロフォーサーズだけで出かけた。
E-P5の5軸手ぶれ補正を使えば、プロミナーでも手持ちができるかも気になっていた。

前日の土曜日は、早く寝るつもりが、リュック型カメラバッグに機材をどう詰めるかで悩
んだりしているうちに結局寝たのが夜9時。

それでも目覚まし通り夜12時に目が覚めた。でも、30分で出るつもりがなんだかんだで
出たのが夜1時過ぎ。ちょっと遅い。

家からサロベツ原野までは最短で290kmほど。
札幌市内から当別町を通って石狩市に抜ける農道を通り、オロロンラインに抜けてあとは
ひたすら国道を北上していく。

海沿いに走る夜中の国道はいつも最高のドライブルート。
留萌までは自宅から140kmあまりあるが、3時過ぎには通過。高速道路は一切使って
おりませんが(笑)

ちなみに、2時半頃から空が白んでくる。夏至前後だからだろうけど、これが私には驚き。
3時半にはもう明るくなっている。

羽幌に3時45分ごろ到着し、コンビニで朝食を仕入れる。私の記憶ではこれから先には
24時間営業のコンビニがない。なので、いつもここで小休止する。

ここからサロベツ原野までは100km弱だが、1時間20分ほどでサロベツに到着。
羽幌での休憩を除けばちょうど4時間ぐらいで着いたことになる。
今回は到着してもさほど眠気を感じず、さっそく撮影準備。

More
[PR]
by koppel055 | 2013-07-03 23:35 | 風景 | Trackback | Comments(4)

冬の葛城古道

f0234423_23342523.jpg

最近、ブログのネタがないと思っていたら、そういえば正月に行った葛城古道の写真をアップしてなかった。
 
f0234423_2335352.jpg

出発は、風の森峠。五木寛之「風の王国」のヒントにもなった地名と聞いたことがある。
確かに峠は風が通り抜けそうな場所だった。ただ、写真の通り、どうもロマンチックな
雰囲気には遠い。

ちなみに、この日は17mmf1.8と40-150mmしか使っていない。
 
 

More
[PR]
by koppel055 | 2013-06-28 00:02 | 奈良 | Trackback | Comments(2)