リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

政府が緊急経済対策ということで、住宅購入時の補助などを増やすらしい。

住宅エコポイントが復活。
フラッと35sの金利引き下げ幅が0.6%に拡大。
この2つ、かなり大きい。

私はもう40半ばなので、ローンを組むとしたら20年返済で十分。
すると、現時点の最低金利は1.2%なんだけど、35sだと最初の10年は0.6%
になる。

これをローン減税と併用するとどうなるか。
1200万円を20年返済で借りると金利は92.9万円。
そして、10年間のローン減税額は92.5万円。
差し引くと、実質の金利負担は4千円ほど。

これに住宅エコポイントや住まい給付金などを合わせれば、金利はマイナス
も同然。買わない手はないという感じ。

でも、ひとり住まいのために家を買うというのも寂しいもんだ。
それでも、老後に駐車場代や管理費などを支払うマンション住まいは不安が
あるので住み替えしようと思う。

まあ、ひとり暮らしだから、死ぬ前に戸建て住宅も売らないと所有権が宙ぶらりん
になって人に迷惑かけそうだけど。

もう4、5年情報は集めてきているので、頭の中はだいぶ固まってきた。


<こんなプラン・条件にしたい>
■家の広さは24坪(80m2)程度
■2階にLDK、寝室は1階。
■LとDKは分離する
■L(リビング)は、オーディオルーム兼客間にする。
■和室は不要
■落ち着いた色合い、自然素材を使った家にしたい
■廊下や階段はあえて広めに
■家のメンテナンスはなるべく最小限に抑えたい
■調理はIH、給湯と暖房は灯油で。
■家庭菜園を作る
■最寄り駅まで徒歩20分以内
■地盤が良い土地を選びたい
■職場まで車で30分以内

問題は、希望条件の土地がなかなか見つからないことなんだが・・・
[PR]
by koppel055 | 2015-01-19 21:52 | その他 | Trackback | Comments(0)
1月17日は、阪神淡路大震災から20年。
震度4だった奈良に住んでいたので、震災について何かを語る立場には
ないのだが、震災後私は取材で宝塚に入り、貴重な経験をした。

確か2月2日か3日だったと思うが、避難所となっていた宝塚市立体育館
に泊まりがけで取材に行った。交通機関がどういう状況だったか思い出
せないのだが、確かJR福知山線が動いていたような気がする。

当然寝袋持参で余震もある中での取材。
取材をするきっかけは、黒田裕子さんという看護婦がボランティアで避難所
の衛生管理や救護活動などを行っており、その奮闘ぶりを取材しようという
もの。

その頃の写真や資料は、私の手元には残っていないが、若い大学生がボ
ランティアの中心となって、生き生きとしていたのを今も思い出す。

黒田さんは、その学生ボランティアなどもとりまとめ、さまざまな仕事をこな
していた。

夜は自衛隊の炊き出しで食事を取り、生まれて初めて自衛隊で採用されて
いる缶詰を食べることとなった。ソーセージの味が今も忘れられない。

黒田さんは、宝塚市立病院の婦長を務めていたが、ボランティア活動によっ
て看護の本質に目覚め、病院を退職して災害看護とボランティア活動に一
生を捧げた。海外に出向いたり、最近は東日本大震災の翌日に既に気仙沼
に入り、活動していたという。

そんな黒田裕子さんの名前を久しぶりに見たのが昨年秋。がんで亡くなった
というニュースだった。その時、初めて阪神淡路大震災以降の取り組みを知
った。

そして、昨年10月に取材した陸前高田で、黒田裕子さんと同じシンポジウム
に出席した方ともお会いした。

ボランティアって少しならできるかもしれないけど、やり続けることはとても
大変だと思う。それを阪神淡路大震災以降、亡くなるまでやり続けていたのだ。


私もあの震災の後は必死で仕事をした。土壁の家が倒壊したままの宝塚に
ショックを受け、避難所の様子に心を痛め、某テレビ局の取材クルーがひんしゅく
を買っていたことなど、いろんなことを思い出す。

PTSDの概念が広まったのは、この震災がきっかけだった。
そこで、専門とする大学の先生にも取材をした。
実はその取材で生まれて初めてテープ起こしをやった。
当時は1時間のテープ起こしに2日かかったような記憶が・・・

でも、副産物として、テープ起こしを必死でするうちにブラインドタッチができるよう
になった。

これらの取材を元に、病院防災をテーマで本をまとめた。
あれからもう20年。

黒田さん、そして震災で亡くなられたすべての方のご冥福をお祈りします。
[PR]
by koppel055 | 2015-01-17 00:00 | その他 | Trackback | Comments(1)

新年早々の心配事

2015年がスタートしたけれど、新年早々心配事が・・・

More
[PR]
by koppel055 | 2015-01-06 00:42 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)