リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

高橋たか子が死去

数日前、ネットニュースを見ていたら、作家の高橋たか子が死去していたことを知った。

もっとも、高橋たか子と言っても知らない人の方が多いと思うが。


高校の頃、模試の現国で「空の果てまで」の一場面が設問として出てきたのが出会いだった。
全共闘の頃、学生に絶大な人気があった作家・高橋和巳の妻でもある。

高橋和巳が亡くなってから本格的に作家としての道を歩み、小説を書き続けてきた。

「空の果てまで」は、他者に対する理由のない憎しみを持ち続ける主人公の女性が結婚し、
子供を産んでも変わることなく他者を憎み続ける。戦争中、空襲警報で一度は逃げ出しながら
子供を家に残してきたと夫に助けに行くよう仕向け、そのまま死なせる。疎開中に他人の子供を
誘拐して自分の子供として育てる。

その特異な設定と殺伐として不気味な内容に惹かれた。

それから、シュールな初期作品集の「骨の城」や、代表作の一つ「ロンリーウーマン」など、何冊も
買って読んだ記憶がある。「高橋和巳の思い出」も買った。人気作家との変わった夫婦生活の話
もどこか不気味だった。

心の奥底にあるどす黒いものを直視して書いたような小説。そんなイメージだった。

カトリックの洗礼を受けてからの小説は読んでないけど、「怒りの子」は読んでみたい。
絶版みたいなので古本屋を探すしかないが。

高橋たか子も「内向の世代」に属するのだろうか?私の中では、古井由吉と高橋たか子は共存
していて、同じように愛読していたのだけど。
[PR]
by koppel055 | 2013-07-24 06:33 | その他 | Trackback | Comments(0)

レーダー探知機買った

f0234423_2342511.jpg


5年ぶりにレーダー探知機を買ってみた。
自分のラフェスタ用にユピテルのレーダー探知機を買ったのが5年前。ワンセグテレビ
機能も内蔵しており、ドライブの合間にテレビでも・・・と思っていたのだが、画面が小さいの
と感度が悪すぎてテレビの用途では全く使わずじまい。

ところが実際に赤切符切られるリスクは仕事の時の方がずっと大きい。プライベートでは
いつものんびり走っているから。
北海道に来てからプライベートで赤切符切られたのは確か1回だけ。仕事中はたぶん
6、7回もある。その大半がスピード違反だ。

で、仕事での車利用はどうしているかというと、7年前に買ったセルスターのレーダー探知機
を使ってきた。これが発売当時3万何千円もしたのに、ステルスを拾うのが遅れて赤切符
切られたり(苦笑)、どうも今ひとつだった。しかも、最近は誤作動だらけでセンサーがおかしく
なったのかな~という状態。先日の出張でも誤警報ばかりで使い物にならないので思い切って
仕事用にレーダー探知機を新調した。

セルスターは、オービスデータなどのアップデートが無料でできるというメリットがあるが、
性能面で少し不安があったのでユピテルにした。セルスターのAR-G50Aだとタッチパネルと
リモコン両方で操作できるし、気圧センサーがついてマップも縮尺が選べるなど超多機能だが
最安値でも2万円近くする。今回買ったユピテルのGWR71sdは実質11000円ほどで買えた。
このお値段でも簡易マップは内蔵している。

あとは、社用車は2台あるので、載せ替えをどう簡単にするかだ。
[PR]
by koppel055 | 2013-07-21 23:36 | お買い物 | Trackback | Comments(0)
f0234423_2022377.jpg
「捕獲された宇宙人」かと思った(笑)

3連休の間に、E-P5と75-300mmを持って、お気軽なリスの撮影でもしようと円山に出かけた。
噂には聞いていたが、写真を撮りに行くと餌付けしたがる人がこんなにも多いのかと気分が悪くなった。
 
筆頭はこの上の写真。もともとこのリスは私の横をちょこまか横切っていたやつだった。
このカメラマンも見つけたようで、最初は遊歩道にちょこんと乗ったリスをおとなしく撮っていた。

More
[PR]
by koppel055 | 2013-07-15 20:45 | エゾリス | Trackback | Comments(0)

2007-01-08 福島県沖にて

f0234423_1950082.jpg

この写真を撮影した4年後、あの津波が発電所を襲った

外付けHDDの写真を見ていたら、こんな写真を発見した。
35mm版換算で210mm相当のコンデジで撮影した福島第1原発だ。
今から6年前、名古屋から苫小牧まで太平洋フェリーに乗ったとき、たまたま展望デッキから
写真を撮影した。原発を撮ろうと思ったわけではなく、ちょうどこのあたりでフェリー同士のすれ
違いがあるのでカメラを構えていたのだ。

まさか4年後にあのひどい事故が起こるとは夢にも思っていなかった。
実は2011年の1月も乗船している。

今はこんなに近くは航行しないらしい。 
[PR]
by koppel055 | 2013-07-15 20:13 | その他 | Trackback | Comments(0)

75-300mm f4.8-6.7II 初撮り

f0234423_22483065.jpg


今朝は早起きしてリスでも撮りに行こうと思っていたのだが、寝坊した上に、やることが
あったので出かけたのは結局午前10時半。

バーガーキングで早めの昼食を食べて、ヤフオクの荷物を発送して、それから野幌
森林公園へ。

昨晩届いたばかりのm.zuiko75-300mm f4.8-6.7IIの試し撮りだ。

フクロウは既に巣立ったのか、いつもの入り口に人は全くいない。
さっそく歩き始めるが、とにかく蒸すのでちょっと歩いただけでしんどい。

本州の人には怒られそうだが、最高気温27度ぐらいで既にぐったり。
実は家の中も湿度が70%ぐらいあって参っている。札幌に来てこんなに湿度が高いのは
去年ぐらいからだと思う。

5kmほど歩くつもりが、息苦しくなってきたのと、虫除けスプレーを忘れたので2.6kmの
コースに短縮してさっさと切り上げた。

途中で見たのがこのアオジ。アオジは鳴き声がきれいな割に、人を比較的恐れないし、
縄張り宣言しているときは写真を撮りやすい。これも距離は10mあるかないかぐらいの
距離。

f0234423_22483274.jpg


75-300mm、まあまあ悪くない感じ。ただ、森の中は暗く、昼過ぎだというのにISO3200
になっている。E-PM2もそうなのだが、E-P5もノイズリダクションオフに設定しても高感度
では解像度が結構落ちる。そして、ノイズリダクションオフなのにノイズがあまり見られない。
まあ、これは撮って出しjpegなので、RAWから現像すれば多少変わるかな。

カメラとレンズで900gぐらいだけど、これでこんな写真撮れるのだから世の中変わった。
EOS7Dなんてボディとバッテリーだけで900gぐらいあるからね。

明日、あるいは来週はコンティニアスAFのチェックもしてみようと思う。

More
[PR]
by koppel055 | 2013-07-06 23:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

カメラバッグをまた買う

f0234423_23483776.jpg


なんか、家にいっぱいカメラバッグ転がってる気がするが・・・
また買ってしまった。
今回は少し言い訳できるけど(笑)

上の写真は、ロープロ フリップサイド400AW。
リュックを地上に降ろさなくてもレンズ交換ができるというアイディア商品。
もう何年も前から欲しいと思っていたけど、同じロープロのミニトレッカーをずっと使ってきた
私には、サイズがかぶっているのでもったいなくて買えなかった。

ただ、私が使っているミニトレッカーはかなり古いタイプのもので、確か2000年頃買ったやつ。
オールウェザーカバーも付いていない。

さすがに10数年使ったらもう新しいの買ってもいいかな、と思った。
そして、何よりも今激安になっている。Amazonでは9000円を切っていた。最初配達が早い
ヨドバシにしようかと思ったが、迷っているうちに売り切れ。

で、Amazonにした。マーケットプレースの商品はニセモノも結構あるらしいので、Amazon本体
の販売商品にした。

f0234423_23525577.jpg

そして、もう一つがロープロのストリームライン100。仕事で講演会取材をするときなど、いつも
カメラのハンドリングに困っている。アウトドアで使う訳じゃないので、レインカバーとか分厚い
クッションは必要ない。そこで、このスリムなバッグにしてみた。


・・・ということで、本日夜にはm.zuiko75-300mmが届く。
[PR]
by koppel055 | 2013-07-05 06:30 | お買い物 | Trackback | Comments(3)

E-P5持ってサロベツへ

先週の日曜日は、ふと思い立ってサロベツまで。

f0234423_22242622.jpg

ノビちゃんメス E-P5 プロミナー500mm f5.6

今回は初めてマイクロフォーサーズだけで出かけた。
E-P5の5軸手ぶれ補正を使えば、プロミナーでも手持ちができるかも気になっていた。

前日の土曜日は、早く寝るつもりが、リュック型カメラバッグに機材をどう詰めるかで悩
んだりしているうちに結局寝たのが夜9時。

それでも目覚まし通り夜12時に目が覚めた。でも、30分で出るつもりがなんだかんだで
出たのが夜1時過ぎ。ちょっと遅い。

家からサロベツ原野までは最短で290kmほど。
札幌市内から当別町を通って石狩市に抜ける農道を通り、オロロンラインに抜けてあとは
ひたすら国道を北上していく。

海沿いに走る夜中の国道はいつも最高のドライブルート。
留萌までは自宅から140kmあまりあるが、3時過ぎには通過。高速道路は一切使って
おりませんが(笑)

ちなみに、2時半頃から空が白んでくる。夏至前後だからだろうけど、これが私には驚き。
3時半にはもう明るくなっている。

羽幌に3時45分ごろ到着し、コンビニで朝食を仕入れる。私の記憶ではこれから先には
24時間営業のコンビニがない。なので、いつもここで小休止する。

ここからサロベツ原野までは100km弱だが、1時間20分ほどでサロベツに到着。
羽幌での休憩を除けばちょうど4時間ぐらいで着いたことになる。
今回は到着してもさほど眠気を感じず、さっそく撮影準備。

More
[PR]
by koppel055 | 2013-07-03 23:35 | 風景 | Trackback | Comments(4)