リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

メイン回線のMVNO選び その1

めでたく!?、4月と5月はiPhone7のau契約を無料で解約できる月となった。既に3月から月々の料金は高くなっており、テザリングオプションも有料となったので外してある。あとはMVNOに変えるだけなのだが・・・
 
 
現状ではカーナビ用のAndroidスマホをIIJ(BIC SIM)と契約しており、複数SIMで1契約にすることもできる。ただ、解約しても特に料金はかからないので、思い切って別の会社にしても良い。
 
さて、私の条件は以下の5つ。
1.AndroidスマホとiPhone7と2つ契約する
2.月々の料金が総額3,000円(税別でもOK)以下
3.月々最低3GB以上の通信容量確保
4.何らかの通話かけ放題サービスが付いていること
5.できれば公衆Wifiサービスが付いていること
 
である。
 
3,000円以下というのは、これまでの私の経験則で得られた携帯料金にかける上限金額だ。
これは、何度もMNPを繰り返した中で、一括購入による端末代金から月々割のような端末割引金額を差し引き、さらに携帯料金を足して24ヵ月スパンで見た月平均金額が過去4年ほど3000円程度だったので、これ以上は出したくないという意味だ。もっとも実際は、通話料は含まれてないので、楽天でんわや050plusの料金を加えると3500円ぐらいはかかっていたと思う。既に050plusは節約のために解約した。
 
 






 
月3GB以上というのも、これまでのデータ通信量を過去5年ぐらいみていくと、お盆や正月など、ネット環境のない実家に帰った時を除いて3GBを超えたことがないということから計算している。Androidスマホの通信量も、現状ではカーナビしか使わないので月間300~500MB程度というレベル。IIJやBICSIMなら、200kbpsの低速通信にアプリで切り替えられ、低速通信時はデータ通信量の制限がなくなることや、実家でiPadをようやく買ったので、帰省したときでも何か調べ事があればiPadを借りればいいし、3GBで十分事足りるはず。
 
通話かけ放題サービスは、勤務先が零細企業のため、仕事の電話も社員の私用携帯を使わせるくせに携帯料金は一銭も会社から出ないという事情のためだ。仕事の電話はほとんどが1回3分以下。ついでに、私用電話もこれで済ませられれば固定電話費も多少浮く。
 
公衆Wifiサービスは、地下鉄通勤の現状では、駅でのアクセスが結構多く、多少なりともデータ通信容量の節約になるのではないかと考えた次第。
 


まずはBIC SIM(ビックカメラがIIJの販売代理店となる)からの申込だと、Wifiサービスが無料で付いてくる。また、初期費用も現在1円サービス中。ただし、Wifiサービスは最初の契約分にしか付かないことがわかり、ややこしいが、iPhone7用に新規でMNP契約し、その後Androidスマホの契約をiPhone7の契約IDにまとめるという作業が必要になる。つまり、4月はIIJと2つの契約をする形となり、料金が多少高くなる。
 
さて、月々の料金。以下、全て税別である。
<1.BIC SIM>
月3GB音声SIM 1600円
データSIM追加1枚 400円
5分かけ放題     830円
(3分かけ放題) (600円)
Wifiサービス 込み(WI2 300)
合計金額 2830円(3分かけ放題だと2600円)
となり、私の要望に合う。
そして、現状では半年間だけデータ容量が倍の6GBになるサービスがあるので、お盆の帰省時もネットに安心してアクセスできる。

ただし公衆WifiのWI2 300は、オプションエリアは使えない契約なので、ほとんどauショップかトヨタディーラー付近でしか使えない。一番痛いのが駅で使えないことだ。


どうもそこが気になって別のMVNOも調べてみた。
まずはBIC SIMの供給元となるIIJ。こちらではWifiサービスは付かないが、現在月料金の400円引きキャンペーンをやっている。

 
<2.IIJ Mio>
月6GB音声SIM 1820円(当初12ヵ月のみ、13ヵ月以降は2220円)
データSIM追加1枚 400円
5分かけ放題   830円
(3分かけ放題) (600円)
Wifiサービス なし
合計金額    3050円(3分かけ放題だと2820円)
となり、Wifiサービスがなくても6GBなら十分かと思う。12ヵ月経てば、ペナルティ料金なしでMNPできるので、その時点でお得な会社に移行すればいいし。
 
 
気になるのがOCN モバイル ONE。


<3.OCN モバイル ONE>
月3GB音声SIM 1800円(当初2ヵ月1100円)
データSIM追加1枚 400円
10分かけ放題 850円
Wifiサービス 込み(OCN モバイル ONE Wi-Fiスポット)
合計金額 3050円
となり、わずかに3000円を超えるが、IIJと同じ料金で10分かけ放題は大きな魅力。これだと大半の私用電話も固定電話から発信する必要がなくなる。さらに、Wifiスポットは地下鉄の駅やショッピングセンターもエリアに入っていることを確認したのでよさげだ。
 
データ容量もキャンペーンで12ヶ月間、毎月4GBになるので当面は問題ない。
 
ただし、OCNは速度面の評判が全般的に悪い。まあ私は東京や大阪に行く機会は皆無と言っていいのだが、地方都市でも速度がダメなのかどうか気になるところだ。
 
 
続いて、BIGLOBE。SIMの追加が1枚200円と格安で、WifiサービスもOCN並みなのだが、かけ放題が3分しかないのがちょっと残念。


<4.BIGLOBE SIM>
月6GB音声SIM 2150円
データSIM追加1枚 200円
3分かけ放題   650円(非課税)
Wifiサービス  込み(OCNとほぼ同等サービス)
合計金額   2952円(税別換算)
となる。BIGLOBEは3GBプランでは無料Wifiにならないので、6GBプランが最低限だ。
かけ放題サービスでは、固定電話にかけたときに携帯番号が表示されないらしいので、そのあたりが気になるところだ。
 
ちなみに、5,000円キャッシュバックキャンペーンを公式サイトでもやっている。
 
 
それから、イオンモバイル。サポートがイオンの携帯コーナーで受けられるそうなので、MVNOの中では割と有利だと思う。また、複数SIMプランが比較的割安。


<5.イオンモバイル>
月4GB音声SIMシェア 1780円(6GBなら2280円)
データSIM追加2枚まで 上記込み
5分かけ放題     850円
Wifiサービス   提供なし
合計金額     2630円(6GBなら3130円)
となる。6GBだとメリットはほとんど感じない。4GBならありかと思うが、微妙なところだなあ。
 
 

最後に、Androidスマホの通信量が今のところ月間1GB以下のため、1GB500円以下の格安SIMを単独で契約し、iPhone7と別契約にするというやり方もある。
 
たとえば楽天モバイルの3.1GB音声プランとDMMモバイルかイオンモバイルの480円データプランを組み合わせると・・・


<6.楽天モバイル+DMMorイオン>
月3.1GB音声SIM 1600円
月1GBデータSIM 480円
5分かけ放題 850円
Wifiサービス オプション
合計金額 2930円
となる。特別割安ではない上、契約が2社あるというのも面倒な感じがする。というか、これなら上記のイオンモバイル4GBプランの方がメリットあるなあ。
 
<7.イオンモバイルで2契約>
月4GB音声SIM 1580円
月1GBデータSIM 480円
5分かけ放題 850円
Wifiサービス 提供なし
合計金額 2910円
と、どうせならイオンで2契約した方がよさそう。
 
 
 
さあ、結論はどうなるのか・・・
 
5分かけ放題で安いのは、5のイオンモバイルプランだ。
10分かけ放題の3のOCN モバイル ONEは他にないサービスで魅力ある。
 
1のBICSIMも悪くない。
 
・・・ということで続く。

[PR]
トラックバックURL : http://koppel.exblog.jp/tb/27718487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by koppel055 | 2017-04-12 10:00 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)