リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

ノートパソコン3台体制を整理・仕事用環境を作る

現在、私のパソコンは3台もある。
7年前に買ったMSIの13.3インチノート、X340。
6年前に買ったHPの17.3インチノート、dv7-5000/CT。
そして去年買ったLenovoの14インチノート、T460S。

X340はボロボロだが、壊れてないので手元に残っている、という感じ。
HDDからはガラガラ異音がすることがよくあるし、いつ壊れてもおかしくない。
メインメモリも2GBしかないので、重たい作業は一切できない。まあ、使うのは1週間に1度ぐらいだし、今更オークションに出しても値段がつくような代物でもないので放置してある感じだ。

dv7-5000/CTは、ずっとメインで使ってきたパソコンだった。ただ、最近は目に見えて反応が悪くなった。ブラウザがすぐに砂時計マークのまま「応答なし」になることが多い。レジストリクリーナーソフトで一度キレイにしたはずだが、OSの再インストールなどしないとダメかもしれない。でも、6年経っているからそろそろ交代時期かな~と思っていた。

T460Sは、今後のメインにしようと思いつつ、メモリが12GBと中途半端なままだったり、WQHD液晶を見ていると目がおかしくなりそうな細かさだったので、なかなか使用時間が増えてなかった。GPUをケチってオンボードグラフィックだけにしたのも後悔している点だ。実は増設メモリは買っていたのだが、裏ふたの開け方がわからず、放置していた。最近、裏ふたの開け方をきちんと解説してくれたユーザーページがいくつか見つけたので、この週末やってみた。






実は、裏ふたのネジを全て緩めるところまではよかったのだが、いくら緩めても裏ふたが開かない。「とても簡単」と1年くらい前のあるサイトには書いてあったのだが、ネジを緩めた後、どうやって開けるのかまではわかりやすく書いてなかった。

最近メモリ交換をしたユーザーのサイトを見ると、どうやらネジは外れない構造になっているらしく、ネジを緩めた後は、プラスチックの弾力性を利用してはまっていたツメを外して一気に開ける構造だったのだ。

さあ、これでメモリ交換、と思ったら、私は重大な勘違いを犯していた。
開けてみると、メモリ増設スロットが1つしかない。でも、私は8GB×2枚の16GBメモリを購入していた。仕様書をよく読まなかった私が悪いのだが・・・

最安値のAmazonに注文して届くまで待つのも面倒なので、1000円ほど高いが札幌の街中にあるパソコンショップ「Do-夢」まで日曜日行ってきた。今度は間違いなく16GB×1枚を買った(苦笑)
封も開けていない8GB×2枚1セットのメモリは、ヤフオク行きだ。まあ未使用品なので16GBメモリの購入費はほぼ取り返せるはず。

これであっけなくメインメモリは20GBになった。
オンボードグラフィックスにメモリを使われても、これだけメモリがあればPhotoshopCCの作業もやりやすくなる。

GPUがないのでフィルターなどのプレビューは遅いが、当面はこのマシンをメインに使っていこうと決めた。モニタのスケーリング表示は無理して150%で使っていたが、175%に設定。これでWebなどが見やすくなった。文字のギザギザなども老眼が進んだせいか(苦笑)、特に感じない。

このWQHD液晶は私が所有している個体はPanasonic製だが、SRGBのカバー率が100%前後ある。検索すると、94%というサイトから100%というサイトまで


幅がある。ちなみに、T460SのWQHD液晶は、LG製も使われているようだが、こちらは88%と90%を切る場合もあるらしい。どちらにせよ、各サイトで使われている測定機の精度がわからないので、90%と100%も誤差の範囲内ぐらいに思った方がいいかもしれない。

さて、ついでにAdobeRGBに「やや対応」(笑)した液晶モニターを注文した。
やや、というのはカバー率が90%しかないからだ。通常広色域モニターといえば、AdobeRGBのカバー率が99%ぐらいあるので、なんとも中途半端。

今まで仕事で撮る写真はネットでしか使うことを想定していなかったが、印刷物で使われる可能性が出てきたので、慌ててAdobeRGB環境も作らなきゃ、と一番チープなIODATAのモニタ(LCD-HC241XDB)を注文したのだ。

もっとも、最近は印刷技術も進歩して、「SRGBでも何ら問題が無い」と指摘するプロカメラマンのブログもあるので、無理して買う必要はなかったのかもしれない。

とはいえ、ものはついで。蛍光灯スタンドと演色用蛍光ランプも買おうかと思う。
とにかく、色の基準が自分でもわからなくなることが多いので、これを機にある程度の環境にした方が良いんじゃないかと思う。

まあ、外部モニタもBENQのSW2700PTぐらいは買っておくべきなんだろうけど。7万円が出せない・・・

HPのパソコンは、初期状態に戻した上で売った方が良さそうだ。
17インチ液晶は大型だが、TNタイプで視認性は良くない。
X340もジャンク扱いで売りに出して、代わりにiPadProの整備品を安く買えたら・・・と思っている。


[PR]
トラックバックURL : http://koppel.exblog.jp/tb/27657912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame3z at 2017-03-26 21:44
私は結局、ノートパソコン(MacBookPro)を処分してしまいました。
HDをSSDに交換し、メモリーを増設し、
かなり力が入っていたのですが。。。

31.5インチのモニターに慣れてしまって、
ノートパソコンを使っていると苦痛なのです(笑)
悩みは、Mac Proの後継機が無い ?! ということです。
ゴミ箱Macはなぁ〜
それも最近、新型が全く出てきません。
Commented by koppel055 at 2017-03-26 22:55
最近、MacBookのアップデートが遅れている感じですね。
KabyLake世代にまだ置き換わってなかったようですし。

でも、Windowsノートも値段が高くなるばかりで困ったものです。DELLのXPS15をMacBookPro15の代わりに買う方もいるようですが、LightRoomが高解像度ディスプレイに対応してない(メニューの文字が小さくて読みづらい)ので、4Kディスプレイモデルは使えないでしょうね。PhotoshopはCC2017で高解像度ディスプレイに対応したので、LightRoomにも早く対応して欲しいのですが・・・

T460SはM2 SSDを1TBの価格が下がってきたら今の512GBと交換して5年は使いたいと思ってます。
Commented by kame3z at 2017-04-09 00:18
パソコンの寿命について、色々調べたら、
SSDに入れ替えたら、10年以上は期待できそうです。
今使っているMac Proは、SSDに交換して、
とても軽快に使えるようになったので、
壊れるまで交換せず使い倒そうか ?!
と思ったりしています。
Commented by koppel055 at 2017-04-10 11:51
HDDは可動部分なので一番寿命に影響しそうですね。
会社のパソコンも、2001年頃買ったものが7年、前回は5年使いました。
ただ、HDDはカリカリ音がするとか、故障する前にある程度予兆があるのに対し、SSDって突然ダメになるみたいなのでバックアップは欠かせないでしょうね。
by koppel055 | 2017-03-21 20:00 | お買い物 | Trackback | Comments(4)