リスバカ日誌2

koppel.exblog.jp

エゾリス、ナキウサギ、野鳥などの写真で綴る移住者の日記

ブログトップ

カメラリュック、追加で買うべきか・・・

最近、EF400mm f4DOの出動回数が増えるに連れ、カメラバッグの悩みが出てきた。

メインで使っているフリップサイド400AWは使いやすいのだが、EF400mmd4DOを入れると、
300mm f4L ISが入らない。無理矢理入れようと思えばなんとかなるが、他の雑多な物が入らな
くなる。

実は10年前にエツミのトゥルーリープロ R1というカメラリュックを買っていてる。これが
内寸で470×270×160mmと、フリップサイド400AWより一回り大きく、500AW並みの容量
があり、これなら400mmf4DOはザックの底に単品で入れ(フードは逆向き収納)、300mmは
カメラに付けたままトップに収納しても、他に予備バッテリーやメモリーカードケースなどが
入る(下の写真)。
f0234423_11105300.jpg






ただ、10数年前の製品のため、使い勝手の点でちょっと問題が・・・
三脚・一脚はバッグのサイドしか付けられない。重量バランスを考えるとちょっと使いにくい。

また、ポケットは数はあるものの、A4書類が入る大きさのものがない。また、ポケットのマチが
小さくて数がある割には使い勝手が悪い。だいたい私の場合、撮影場所で長時間いることが多い
ので、折りたたみいすとか、カロリーメイト的な携行食、それからペットボトルの水やお茶を携帯
することが多いが、これらの収納場所が確保しにくい。

フリップサイド400AWはその点良く出来ていて、サイドのメッシュポケットに折りたたみイスや
ペットボトルのお茶を収納し、マチがあるポケットに携行食を入れられる。三脚は真ん中部分に
フォルダーがあるので問題なし。

実は、十数年前にロープロのネイチャートレッカーAWも買っているのだが、バッグ本体の重さに
辟易して全く使っていない。パッドといい、かなり頑丈なんだけど、何せ単体で4Kgほどある。


で、カメラリュックをずっと探しているのだが・・・

値段が高すぎる。

ほとんどが輸入品ということで、円安の影響があるのは避けられない。
それにしても、値上がり幅が半端ない。

フリップサイド400AWは、2年前に買ったときは、Amazon本体(マケプレじゃない)で8400円だった。
今買うと2倍の17000円もする。500AWも一時期15000円を切っていた気がするが、今は22300円ほど。
値上がりしているのはロープロだけでない。

f64もBPLが以前14000円ぐらいで買えたのに、改良版のBPL2が出たら、とたんに定価が6割も高い35500円
に。ただ、どの通販でも扱っている情報を見たことがないので、カタログに載った後国内販売を見合わせ
たのかも。

タムラックは、度重なる値上げで庶民が買うバッグじゃなくなった。リュックもまともな容量のものを買おう
とすると3万円以上しかない。
テンバは種類が減り、新製品は値段も高いので対象外になりそう。

そういえば、エツミやハクバの自社ブランドバッグのリュックがかなり減っている。
エツミはトゥルーリーやアペックスブランドでリュックを何種類も出していたが、今は小さなタイプしか
販売していない。ハクバもNEOリュックサックがSタイプしか販売しておらず、あとはGWProの22Lリュック
1タイプのみ。ケンコーはアオスタのサンクチュアリがおもしろかったけど、今は小型タイプだけ。

いずれも、ヨンニッパやサンニッパと他のレンズも、というリュックがなかなかない。

今のところ、選ぶとしたらロープロかマンフロット、そしてハクバのGW-Proぐらいか。

フリップサイド500AWはもちろん候補。ただ、400AWのグリーンがないのと、400AWと2つ持ちは
なんとなく気が進まない。

で、プロランナー450AW か、バーテックス300AW あたりが候補。
※プロランナーは、ヨドバシの方が送料込みで安い※
値段はバーテックス300AWの方が安いが、ちょっとでかい。そして重すぎる。ネイチャートレッカーの
教訓を考えると(苦笑)、安いからって手を出さない方がいい気がする・・・

ただ、両方とも使っている人のブログがなかなか見当たらないんですよね。
なので、使用感がわかりにくい。

プロランナー450AWは、
ここ と ここ と ここ ぐらいでしょうか。
まあ、これなら私の機材は入りそうです。

バーテックス300AWも情報が少ない。
ここ と ここ と ここ と ここ ぐらいでしょうか。
これは、高さあるので背負うのが大変そうです。
ただ、お値段は今の方が安いんですね。輸入元の在庫処分かもしれません。
というのも、発売時期が2007年春とかなり古いからです。

あとは、シンクタンクフォトのエアポートコミューターとか、ストリートウォーカーのハードドライブ。
ハクバのGW-ProかPro2。そして、マンフロットのバックパック50かPro-lightコレクション PL-B-220
あたり、そしてモンベルのフォトコンテナ。


う~ん、問題は現物を全て見比べられる場所がないということか。
ハクバのgw-proは旧製品で、どうもネット在庫はなさそうなので、キタムラ実店舗の
売れ残りがあればラッキーというところでしょう。

マンフロットはCPの高さが魅力。バックパック50は、アメリカでは240ドルぐらいで通販されている。
日本では楽天で2万円以下で売っているところもある。ただ、PL-B-220はアメリカで260ドルぐらいな
のに、日本では29000円ほどとあまりお得感は薄い。
ちなみにロープロはフリップサイド500AWは米Amazonで132ドル程度なので、個人輸入したら国内価
格の22300円と比べて安くなりそう。この価格差、なんとかならんかな。LensCoatなんてアメリカだと
90ドルで買えるのに、○一は2万円以上で売るという暴利ぶり。




[PR]
トラックバックURL : http://koppel.exblog.jp/tb/24101953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iidacamera at 2015-06-08 10:14
こんにちは。
カメラバッグ、いろいろといままで試して結局気づいたのは、
大は小を兼ねるってことでした。

今回候補に挙げられてるものだと、フリップサイド500AWはかなり使い込んでますが、
容量が大きくて、必要な仕事機材はほぼ入ります。
グリップ付きのレフ機が2台、24−70、70−200、16−35、100マクロ、600EX×2灯、
トランスミッター、その他備品たくさん、って感じです。

ただ、個人的にはPCスペースがあると、そこに料理撮影用の折りたたみのレフ版とか、
資料の紙とか手帳とかが突っ込めていいんですが、マイナスポイントとしてはそれくらいかと思います。

バーテックスは僕もそのうち買うつもりです。
結局カメラバッグって奥行きがある、箱形が一番使いやすいのかも、と思います。

でもあれはあれで機材パンパンに詰めて歩くのはしんどそうですけど…。

いいお買い物ができると良いですね〜。
Commented by koppel055 at 2015-06-08 13:01
iidacameraさん>
フリップサイド500AWってPCスペースなかったんですか?
あ、チェックし忘れていたかも。

カメラリュックといっても、アウトドア目的なのか、
それともたくさんの荷物を運びたいのかで形状が違って
きますね。モンベルのフォトコンテナとか、シンクタンク
フォトのエアポート・コミューターなんかは、機材の持ち
運びに重きを置いているように見えます。

私はアウトドアで撮影してますが、山奥とかに行くわけで
はないので、どちらかというと箱形の方が良さそうなんで
すけどね・・・

ただ、今回はいろいろ考えてロープロのS&Fシリーズの
レンズエクスチェンジケース200AWを通販で買いました。
フリップサイド400AWの身軽さを維持したまま収納量を
増やせるかな~と思いましたので。
by koppel055 | 2015-06-05 15:00 | お買い物 | Trackback | Comments(2)